前へ
次へ

身寄りが無い人の遺品整理はどうなる?

家族がいない人の遺品はどうなると思いますか?孤独死が急増している現代社会の問題「孤独死後の遺品整理」について解説していきます。
遺言状や死後事務委任契約を締結している場合は、書状に基づき処理されます。
ですが、これらの書類が一切ない場合はアパートの大家、不動産管理会社といったステークホルダー、または検察官の請求によって、家庭裁判所が相続財産管理人を選任します。
専任された相続財産管理人がアパートの解約や遺品の整理を行います。
葬儀に関しては相続財産管理人の職務範囲にはあたらない為、直葬での対応になります。
遺品整理が終了した後、アパートの未納費用など、負債の弁済を故人の財産から行います。
弁済後に残った財産については国庫へ帰属されます。
身寄りのない状態で亡くなると、アパートの大家や不動産管理会社に多大な迷惑をかけてしまいます。
立つ鳥跡を濁さずという言葉があるように、生前から準備をするようにしましょう。

Page Top