前へ
次へ

アメリカ式遺品整理「エステートセール」とは?

アメリカで遺品整理は「エステートセール」という方法で処分する事が一般的です。
その歴史は新しく1970年頃から始まったとされています。
合理主義の国、アメリカでは相続人が使う物と残したい物を除き、売却して現金として清算する事が一般的です。
遺品を現金化する事をエステートセールと呼んでいます。
またエステートセールは売主が存命中であっても、老人ホームに入居する為の老前整理として、プロに家財道具や不動産の販売を依頼する場合も同義です。
エステートセールに出品される物にはヴィンテージ品や廃盤品など、マニアがヨダレを垂らす名品がある場合もあります。
その為、エステートセールを開催した際に、周辺の道路が大渋滞になってしまったという事例もあったそうです。
アメリカでは、遺品に対してマイナスイメージが少ない事とフリーマーケット文化が根付いている事で生まれた習慣かもしれません。
日本でもエステートセールが普及すると便利ですね。

Page Top